むくみの緊急時にはラシックス!利尿剤は女子の必須アイテム

むくみとは

むくみとはなぜ起こるのか、みなさんはその原因はご存知でしょうか?
この現象は医学的にいうところで浮腫「ふしゅ」というものです。
これは、血液の中の水分が血管やリンパ管の外に染み出してしまい、それらが手足や、ふくらはぎ、顔などの皮膚の下の水分にたまってしまう状態のことなのです。
よく実際に経験をするときは、上記であえた場所で実際に経験をされたという方がほとんどだと思います。
足のふくらぎや脚であれば、大体は夕方になることが多いと思います。というのも、靴やブーツといったような履物で締め付けれることでその窮屈なことですぐに症状が出てしまうのです。
顔ですと、朝に起きたときに鏡をみたときに目、頬、顎のラインがふくらんでいるように感じたりすることと思います。それは寝ている間に皮膚の下に水分がたまってしまっているからなのです。
一度これらの症状を経験してしまうと、細胞へしっかりと養分を取り入れるための活動や、老廃物を排出することもうまくいかなくなり、さらにどんどん症状が悪化しやすくなる可能性があります。
慢性化しやすい傾向があるので、その症状が見られた場合はその対応をしっかりとすることをお勧めします。
そもそも原因は、長いこと負荷をかけ続けたり、上記であげたような窮屈な場所に長時間同じ箇所を圧迫するようなことなどをするためです。これらにすべて共通していることが、血流がうまく体の中で回らないようにしてしまっていること、そしてさらに足を使用しないようなデスクワーク等の仕事をしていると、筋ポンプ作用がきかないため、心臓に血液を戻すといったことができないため、血液がどんどんたまり、その結果が、むくみと変貌するわけです。
では対処法はあるのかといえばもちろんあります。
それはとても簡単なことで、ほかのすべての病状にもいえることで適度な運動をしっかりと取ることです。そうすることで、正常な筋ポンプ作用となることで、血液が体中に行きとどくようになるのです。
しかしこのような運動などを含めた生活習慣はなかなか変えられないのが性かと思います。
そういった方は湯船にしっかりとお風呂に入るときはつかり、体中を軽くほぐしてあげたり、
ストレッチを湯上りにしてあげるといいでしょう。
ほかの対処法として、ラシックスといった利尿剤などでむくみを取る方法はあります。